相続放棄のQ&A

相続放棄に関するQ&A

Q1 親が相続放棄した場合、その子は代襲相続できますか?

相続放棄をした者は、始めから相続人とならなかったものとみなされるので(民法939条)、その子は代襲相続できません。
 

Q2 相続人に相続欠格や相続放棄があった場合、相続人の子供は相続権を失うのでしょうか?

相続放棄をした者は、始めから相続人とならなかったものとみなされるので(民法939条)、その子は代襲相続できません。
しかし、相続人となるべき者が欠格事由により相続権を喪失した場合は、その子供はその者と同一順位で相続人になります(民法887条2項、代襲相続)。

夫の債務は相続したくないのですがどうすればよいでしょうか? 

相続放棄(民法938条)により、始めから相続人とならなかったものとみなされます(民法939条)。
また、限定承認(民法922条)という方法によれば、夫の債務は相続する財産の範囲内で弁済をすればよいこととなり、あなたの固有財産による弁済責任を負う必要はなくなります。



 


 

 

soreiyusoudanbana-.png

事務所の詳しい情報はこちら

miyai_03_naka.png

料金表        

 

事務所紹介      

 

弁護士紹介

アクセス

 

無料相談受付      

 

トップページへ


弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-2-1岸本ビル4階

電話 03-5224-3801
FAX 03-5224-3802
Mail office@maru-soleil.jp

Copyright (C) 2013 弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 All Rights Reserved.