財産のQ&A

財産のQ&Aをまとめさせていただきました。

財産に関するQ&A

Q1音信不通の父の財産を処分したところ、父は1か月前になくなっていました。この場合、相続を単純承認したことになるのでしょうか?

被相続人の死亡後に、財産を処分した場合には、「単純承認」をしたものとみなすとする規定がありますが、判例では、単純承認とみなされる相続財産の処分というためには「相続人が自己のために相続が開始した事実を知りながら相続財産を処分したか 、または、少なくとも相続人が被相続人の死亡した事実を確実に予想しながらあえてその処分をしたことを要する」とされています。
そのため、相続人が被相続人の死亡を知らずに相続財産を処分したとしても、単純承認とみなされることはないと考えられます。
もっとも、相続財産を処分してしまえば単純承認とみなされる可能性は否めませんので、特に債務について把握しないうちは、処分には慎重になったほうがよいでしょう。
 
 

Q2生前贈与を受けた人がいる場合の相続財産の分割はどうなるのでしょうか?→具体的相続分の計算方法は?

生前贈与を受けた人の具体的相続分は、相続開始時に有していた財産に生前贈与額を加算し、それに相続分を乗じた金額から、生前贈与額を差し引いた金額となります。

 

Q3寄与分がある場合の相続財産の分割はどうなるのでしょうか?→具体的相続分の計算方法は?

寄与分がある者の具体的相続分は、相続開始時に有していた財産から寄与分を差し引き、それに相続分を乗じた金額に、寄与分を加えた金額となります。

Q4父が亡くなる3ヶ月前に、父の面倒をみてきた叔父に相続放棄の文書に署名、押印をさせられました。 父が亡くなった後に、かなりの財産があることがわかったのですが、私は父の財産を相続できないのでしょうか?

相続放棄の効果は、相続人が自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に家庭裁判所に申述することによって生じます。よって、その手続きを取らなければ、相続権は失われません。

Q5生命保険は相続財産になりますか?

生命保険の受取人が亡くなった本人であった場合、生命保険金は相続財産となります。 
これに対し、受取人が亡くなった本人ではなかった場合には、生命保険金は相続財産とはならず、受取人の固有財産となります。

Q6相続開始後に新たに発生した賃料や利息などの財産の分割はどうなりますか?

判例上、相続開始後の果実(賃料、利子など)は、遺産ではなく、各相続人が法定相続分に応じて取得するとされています。

 

 

soreiyusoudanbana-.png

事務所の詳しい情報はこちら

miyai_03_naka.png

料金表        

 

事務所紹介      

 

弁護士紹介

アクセス

 

無料相談受付      

 

トップページへ


弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-2-1岸本ビル4階

電話 03-5224-3801
FAX 03-5224-3802
Mail office@maru-soleil.jp

Copyright (C) 2013 弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 All Rights Reserved.