遺言の検認

nigaoe3_11.png

相続が開始され、遺言書が見つかったら速やかに家庭裁判所に持って行きましょう

家庭裁判所では相続人の立会いのもと遺言書が開封され、形式や状態を調査し、問題がなければ検認調書という公認文書を作成してもらいます。

これを検認といいます。

検認を受ける前に未開封の遺言書を開封し、偽造、改ざんすることは法律違反で、厳重に処罰されることになっています。


遺言そのものが無効になることはありませんが、相続人に刑事罰である過料が科せられるなど、相続欠格として相続権を失うこともあるのです。


なお、公正証書遺言は公証人役場に保管されているので相続開始後すぐに適用されますので、家庭裁判所で検認を受ける必要はありません。


ちなみに、遺言書が2通以上見つかった場合には、一番新しく書かれた遺言書が適用されます。
日付は記載されているはずですが、開封することはできないので、遺言書が見つかったらやはり速やかに2通ともの家庭裁判所に持ち込みましょう。


遺言書が発見されたときには既に遺産分割が終わっていた、というケースもまれにあります。
遺言の内容が遺産分割の内容と違っていた場合は、侵害を受けたと知った相続人が、相続回復請求権を行使することになります。

相続回復請求権によって遺産は遺言どおり再分割されます。

個人によってケースは異なりますので、まずは一度専門家である弁護士にご相談ください。

 

遺言書についての詳しい内容は以下をご覧下さい

遺言の種類

 

遺言の保管

 

遺言の検認

 

遺言の執行

 

 

soreiyusoudanbana-.png

事務所の詳しい情報はこちら

miyai_03_naka.png

料金表        

 

事務所紹介      

 

弁護士紹介

アクセス

 

無料相談受付      

 

トップページへ


弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-2-1岸本ビル4階

電話 03-5224-3801
FAX 03-5224-3802
Mail office@maru-soleil.jp

Copyright (C) 2013 弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 All Rights Reserved.