遺言の保管


遺言によって自らの意思を実現するためには、その遺言書を相続人に見つけてもらわなければなりません。せっかく遺言書を作成したとしても、見つけてもらわなければ効力を発揮しません

それでは一般的に、どのように保管しているのでしょうか。

公正証書遺言の場合

公正証書による遺言は、遺言書の原本が公証役場に保管されています。
従って、相続人らに遺言書を作成してある公証役場の場所を伝えておけば十分です。
遺言書の存在が明らかになっても、相続人らが公証役場を訪れて遺言書の内容を教えて欲しいと要求したり、閲覧を請求したりしても、公証人がこれに応じることはありません。

弁護士などの専門家に頼む場合

遺言書作成の際にアドバイスを受けた弁護士に保管を頼むという方法があります。
弁護士は法律により守秘義務を負っており、職務上知りえた事実を第三者に洩らすことは禁止されています。
従って、遺言書の存在すら秘密にしておくことも可能です

第三者に頼む場合

自筆証書遺言の場合、親族等に預けることもあります。
しかし法定相続人など遺産に利害関係のある方に預ける場合には、隠匿、改ざんの恐れがあり、逆に紛争の元となりかねませんので、なるべく遺産に何の利害関係がない、公正な第三者に保管してもらうようにしてください。

遺言で遺言執行者を定めた場合には、遺言執行者に預けておくのが適当です。

遺言書についての詳しい内容は以下をご覧下さい

遺言の種類

 

遺言の保管

 

遺言の検認

 

遺言の執行

 

 

soreiyusoudanbana-.png

事務所の詳しい情報はこちら

miyai_03_naka.png

料金表        

 

事務所紹介      

 

弁護士紹介

アクセス

 

無料相談受付      

 

トップページへ


弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-2-1岸本ビル4階

電話 03-5224-3801
FAX 03-5224-3802
Mail office@maru-soleil.jp

Copyright (C) 2013 弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 All Rights Reserved.