遺言の種類

nagasawa-egao0001.png

遺言は、文字で遺すことが原則とされています。
したがって、ビデオテープや録音テープなどは認められていません。

 

遺言の種類は通常、自筆証書遺言公正証書遺言秘密証書遺言の3つに大別されます。

1.自筆証書遺言


自筆証書遺言は、本人が本文の全文・日付・氏名を自筆で書いた書面に捺印したものです。
用紙は何でも構いませんが、ワープロ文字や代筆は認められず、必ず自分で書くことが必要となります。

 

メリットとしては、

・費用が掛からない
・遺言内容や、遺言したこと自体を秘密にできます。

 

一方、デメリットとしては、
・遺言者にとっては遺言内容の実現が不確実
(見つけられなかったり、破棄されたりするおそれがある)
・開封時、遺族は家庭裁判所の検認が必要
・検認を経ないで遺言を執行すると5万円以下の過料に処せられる

など、法律上無効となる恐れもあります。

 

2.公正証書遺言

本人が公証人役場に出向いて証書に内容を記載して署名・捺印した上で証書を封じ、同じ印鑑で封印をします。
この証書を公証人1人と証人2人以上の前に提出し、自分の遺言である旨を告げ、住所氏名を述べます。
それを公証人が封紙に日付と共に記録し、本人と証人と共に署名捺印して作成します。

 

費用がかかるものの、公正証書遺言は公証役場にその原本が保管されていることから、その存在が一番確実なものであり、家庭裁判所における検認手続も不要です。

 

3.秘密証書遺言

公正証書遺言と同じように公証役場で作成するのですが、遺言書の内容を密封して公証人も内容を確認できないところが相違点です。

 

公正証書遺言と同様に、公証役場にその原本が保管されていることから確実に思えますが、遺言書の内容自体については公証人が確認していませんので、内容により法律上無効となる恐れもあります。

なお、秘密証書遺言も本人の死後に家庭裁判所で検認の手続きが必要となります。


したがって、最も確実な遺言は公正証書遺言といえるでしょう。

遺言書についての詳しい内容は以下をご覧下さい

遺言の種類

 

遺言の保管

 

遺言の検認

 

遺言の執行

 

 

soreiyusoudanbana-.png

事務所の詳しい情報はこちら

miyai_03_naka.png

料金表        

 

事務所紹介      

 

弁護士紹介

アクセス

 

無料相談受付      

 

トップページへ


弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-2-1岸本ビル4階

電話 03-5224-3801
FAX 03-5224-3802
Mail office@maru-soleil.jp

Copyright (C) 2013 弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 All Rights Reserved.