遺言とは

nagasawa-egao0001.png 遺言とは、遺言者の生前の最終的な意思を表したもので、
遺言者の死後にその意思を実現させる為に制度化されたものです。

遺言により、自分の財産を誰にどれくらい分配するかを自由に決められることを法律で認められています。

遺言がないと、遺産の分割は法定相続で行なわれることになります。
実際に相続が発生し、財産が絡んでくると、兄弟が豹変したり、知らない人が名乗り出てきたりもします。

 

また、相続の問題は非常に根が深く、法律だけでは解決できない感情の問題が多く含まれています。
少しでもこじれる可能性が考えられる場合には、遺言書を作成しておくと良いでしょう。

 

「遺言書」があれば、時間がかかる場合もありますが、概ね有利に展開します。
遺言書がないまま相続になれば、相続する場合でも、される場合でも、なかなか思い通りにはなりません。

 

しかし、いざ遺言書を書こうと思っても、法律的に有効な書き方をするのは1人ではなかなか困難なものです。

遺言に詳しい弁護士に一度ご相談ください!

遺言書についての詳しい内容は以下をご覧下さい

遺言の種類

 

遺言の保管

 

遺言の検認

 

遺言の執行

 

 

soreiyusoudanbana-.png

事務所の詳しい情報はこちら

miyai_03_naka.png

料金表        

 

事務所紹介      

 

弁護士紹介

アクセス

 

無料相談受付      

 

トップページへ


弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-2-1岸本ビル4階

電話 03-5224-3801
FAX 03-5224-3802
Mail office@maru-soleil.jp

Copyright (C) 2013 弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 All Rights Reserved.