限定承認

わたなべせんせい ふぉとしょっぷ.jpg 限定承認とは、被相続人の債務がどの程度あるか不明であり、
財産が残る可能性がある場合等に、相続人が相続によって得た財産の
限度で被相続人の債務の負担を受け継ぐことをいいます。
限定承認は、法定相続人の全員が共同して、
相続があったことを知った日から3か月以内に家庭裁判所に
申述し、手続きを行います。

限定承認が有効なケース


限定承認が有効なケースとして、以下のようなものが考えられます。

債務が超過しているかどうかはっきりしない場合

債務を加味しても、どうしても相続したい相続財産があるような場合(自宅等)

家業を継いでいく際に、相続財産の範囲内であれば債務を引き継いで良いという場合

債権の目処がたってから返済する予定であるような場合

 

限定承認に必要な手続き

1、相続人全員の総意が必要となります。
2、相続の開始を知ったときから3ヶ月以内に「限定承認の申述審判申立書」を家庭裁判所に提出します。
3、限定承認を選択した場合には、不動産などの値上がり益がある場合には、その値上がり益が精算されると考えるため、譲渡益相当額の所得税が課税されます。

 

限定承認は単純承認に比べ、無限責任ではなく有限責任という大きなメリットがあるため、利害調整が必要だと考えられており、手続きが複雑になっています

 

そのため、限定承認をする際には 経験豊富な弁護士にご依頼下さい。

 

 

限定承認の流れ

1、 家庭裁判所へ限定承認の申述

2、 家庭裁判所から審判書の謄本を交付

3、 相続債権者への債権届出の公告

4、 配当弁済手続

5、 家庭裁判所への鑑定人選任の申立

6、 残余財産の処理

相続方法に関する詳しい内容は以下をご覧下さい

単純相続

 

相続放棄

 

限定承認

 

 

 

 

soreiyusoudanbana-.png

事務所の詳しい情報はこちら

miyai_03_naka.png

料金表        

 

事務所紹介      

 

弁護士紹介

アクセス

 

無料相談受付      

 

トップページへ


弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-2-1岸本ビル4階

電話 03-5224-3801
FAX 03-5224-3802
Mail office@maru-soleil.jp

Copyright (C) 2013 弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 All Rights Reserved.