相続放棄とは

相続放棄とは、相続人が、被相続人の権利や義務を一切受け継がないことをいいます。
プラスの財産よりもマイナスの財産が明らかに多い場合や相続争いに関与したくない場合などに選択します。

しかし相続放棄をする場合には、条件がいくつかあります

相続放棄をする条件

相続開始を知ってから3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申述をしなければなりません。

相続人が複数いる場合は、一部の人だけが放棄することも可能ですし、全員放棄というのも可能です。

ただし、自分だけが相続放棄をした場合に、他の相続人にマイナスの財産が降りかかり、迷惑がかかることもあります。

円滑に相続放棄の手続を行うためには、専門家である弁護士にご相談されることをお勧めします。

相続方法に関する詳しい内容は以下をご覧下さい

単純相続

 

相続放棄

 

限定承認

 

 

 

 

soreiyusoudanbana-.png

事務所の詳しい情報はこちら

miyai_03_naka.png

料金表        

 

事務所紹介      

 

弁護士紹介

アクセス

 

無料相談受付      

 

トップページへ


弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-2-1岸本ビル4階

電話 03-5224-3801
FAX 03-5224-3802
Mail office@maru-soleil.jp

Copyright (C) 2013 弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 All Rights Reserved.