• HOME
  • 解決事例
  • 父から譲り受けた保険契約が特別受益に認められた事例

父から譲り受けた保険契約が特別受益に認められた事例

当事者

被相続人:父
相続人:母、兄
依頼者:弟

内容

被相続人は父、法定相続人は母、兄、弟の3人。依頼者は弟。なお、母には成年後見人が就任していた。
最大の争点は、特別受益の有無。依頼者は兄が被相続人から保険契約者たる地位の移転を受けたことについて兄の特別受益であると主張しており、他方で兄は弟が大学に進学して授業料等(兄は大学に進学していない)を負担してもらったことを依頼者の特別受益であると主張していた。

事務所の活動

兄の特別受益に関し、特別受益の額(保険の解約返戻金相当額)や同金額が特別受益と評価されること等を主張した。また、依頼者の大学進学に関しては、被相続人夫婦が裕福であったこと(扶養の範囲内)、当時の大学進学率は40%程度に上がっていたこと(一般的なこと)、兄が旧電電公社に縁故入社していること(一流の企業に入社しており、不公平はないこと)等を主張した。
調停委員会から、兄の保険契約者たる地位の移転は特別受益と評価されるのに対し、依頼者の大学の授業料等は特別受益と評価されない旨の調停委員会案が出た。そして、最終的には調停に代わる決定が出て、同決定が確定した。

結果

兄の特別受益987万4726円が認められ、依頼者の特別受益は認められないという有利な結果となった。

所管

特別受益に関する主張の仕方。特に、特別受益に関しては兄弟の不公平等も斟酌するので、本件では、弟だけで大学に進学したことで兄に不公平なことはなかった(兄は、旧電電公社に縁故入社している。)旨主張した点。

その他の解決事例

単純承認・限定承認・放棄に関する事例

事例1:債務超過の被相続人から相続人が土地のみを限定に取得した事例

遺産分割協議関する事例

事例1:相続人の1人が法定相続とは異なる遺産分割を主張し、調停に持ち込まれた事例

事例2:相続人の1人が預金を勝手に引き出していたため、その分を持ち戻した事例

遺留分減殺請求関する事例

事例1:相続時に離婚問題が発生して遺留分減殺請求をした事例

事例2:妹に全財産を相続させるという遺言書が見つかり、兄と弟が遺留分減殺請求した事例

事例3:弟が兄及び母に対して遺留分減殺請求をして和解金700万円を獲得した事例


特別受益関する事例

事例1:父から譲り受けた保険契約が特別受益に認められた事例


 

soreiyusoudanbana-.png

事務所の詳しい情報はこちら

miyai_03_naka.png

料金表        

 

事務所紹介      

 

弁護士紹介

アクセス

 

無料相談受付      

 

トップページへ


弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-2-1岸本ビル4階

電話 03-5224-3801
FAX 03-5224-3802
Mail office@maru-soleil.jp

Copyright (C) 2013 弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 All Rights Reserved.